読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神武優里のアルポートな透析ブログ『終わらない明日へ』

透析患者で病院職員の四十路おっさん(笑) アルポート症候群の影響で難聴なのと、元々の性格から、なかなかの人見知り(苦笑) でも、透析歴30年を前に、他のアルポートや透析患者・関係者との接点を持ちたくてブログ開設しました。専門的な内容よりも、日々のなにげないエピソードを載せていきたいと思っています。

透析の穿刺

昨日は透析日でした。

御多分に漏れず、透析室にも春から新しい看護師が配属され、既に夜勤も開始になっています。

昨日の私の穿刺はそんな新たに配属された看護師で、私には2回目の穿刺でした。

 

とゆーわけで、新しく透析室に配属・異動になった看護師あるある~!(笑)

駆血帯の締め付けが強すぎる!!』💢💢💢

 

なんなんでしょーか?

初めて穿刺された時もそうだったのですが、もう、考えなしに力の限り締め上げますよね?(怒)

駆血帯の一端がクリップになってるから、締め上げやすいんですね。

そして、新人透析看護師だから、穿刺が超慎重でしょ。

いや、慎重なのはありがたいのですが、MAXパワーで締め上げてるのに穿刺に時間がかかるから、腕のしびれが、むしろ穿刺そのものより痛い💢

 

そこで私は…

『おい、待てよ!!

そこまでキツく締めんでも刺せるわっ!!(怒)

そもそも、シャント肢は採血・点滴はおろか、血圧測定すら禁止なはずだろ。

いくら穿刺のためとはいえ、ここまでバカ力で締め上げられたら、シャント壊れちゃうんじゃねーのか!?』

 

…などと言えるわけもなく、ひたすら2本の穿刺を耐えたのでした…😅。

 

それと、さらに信じられないことが…(怒)。

 

私は動脈側は逆刺しなのですが、この看護師、逆に(つまり順方向に)穿刺しようとしてました。

2回目なのに穿刺の向きを覚えてない上に、わずか2回目なのに穿刺の向きの確認すらしない…。

思い込み、ですね⤵⤵⤵。

もう…怖いよぉ…💧。

なんのために透析室は、患者それぞれの透析状況カードを作ってるんだか…😠。

私が注意して事なきを得たのですが、穿刺を見守っていたベテラン看護師の注意が遅すぎる!!

患者の私より注意が遅いなんて、見守りの意味がないじゃん!!💢💢💢

 

一刻も早く新人が信頼できる中堅になることを願います。

 

でも、慣れた頃に異動になるんだよね~😅。