読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神武優里のアルポートな透析ブログ『終わらない明日へ』

透析患者で病院職員の四十路おっさん(笑) アルポート症候群の影響で難聴なのと、元々の性格から、なかなかの人見知り(苦笑) でも、透析歴30年を前に、他のアルポートや透析患者・関係者との接点を持ちたくてブログ開設しました。専門的な内容よりも、日々のなにげないエピソードを載せていきたいと思っています。

クルマ遍歴 その2

スペーシア(MK32S)

 f:id:JINMU-YUURI:20170416170644j:image
グレード:カスタムXS

エンジン:インライン3 660cc DOHC VVT NA(R06A)

ミッション:CVT(副変速機構付)

駆動方式:フルタイム4WD

所有期間:平成28年

 

9台目の愛車で、通勤・通院用のクルマです。

6台目の愛車、ミラからの乗り換えです。

 

車種を選ぶ際には、スーパーハイトワゴンの軽で燃費がそこそこ良いヤツと決めていました。

ミラがあまりにも狭かったので😅。

ホントは、S660やコペンみたいな軽スポーツ、または、ジムニーやキックス(あえて😅)みたいな軽クロカンなど、運転してて楽しそうなクルマが欲しかったのですが、そーゆー楽しさはスカイラインがあるから、と切り捨てました。

 

燃費(と価格)の点からも、過給機付きエンジンも除外。

 

日産フリークとしては、たとえ他社生産のクルマであったとしても(苦笑)、ルークス・ハイウェイスターかデイズルークス・ハイウェイスターを選びたかったのですが…。

ルークスは年式の割に高額の中古車しか見当たらない上、後ろから見たスタイルがイマイチだったんですよね~。

上にいくにしたがって幅が狭まっていくというスタイルが…。

微かなしぼりこみなのですが、『モアスペース系なのにもったいないなぁ』と思っちゃった(笑)。

で、デイズルークスに狙いを絞って、クルマ屋さんに探してもらい、運良く手頃な物件が見つかったのですが、商談してる最中に例の燃費偽装騒動勃発!!(笑)

クルマ屋さん曰く、『最悪の場合、型式指定が取り消され、買ったとしても乗れなくなる可能性がある』と、やめておいた方が無難というアドバイス

後で知ったことですが、既に販売された車両に関しては取り消されない方向で検討されていたようですね😅。

 

で、しょーがないから、また一から自分でネットを検索してたら、このクルマ屋さんの系列店で現車を発見。

早速担当者に相談すると、『でも緑だよ』と逆に渋い顔。商売っ気ないなぁ😅。

それでも『実物を見て判断して』と、すぐに移送してくれました。

フロントのデザインは、デイズルークス・ハイウェイスターのギラギラしたものよりグッド👍。

ただ、サイドはほぼのっぺらぼうのシンプルデザインで、その点はガンダムチックな彫りこみ(プレスラインっていうんですかね?)があるデイズルークスの方がかっこよかったですね。

ま、中古車だから、そこは妥協(笑)。

色に関しては、暗い緑だから自分的にはまあいいかって感じ。

色弱だから色に疎い?(笑)

で、年式も新しく値段も手頃なこのスペーシア・カスタムに決めました。

 

わりと新しいクルマなだけあって、自分にとって未知な機能が多く搭載されてます(笑)。

 

まず、アイドリングストップ

信号待ちなどで停車してエンジン停止中に、すぐにエンジン再始動して走り出せるのか?と思ってたのですが、そこは問題なかったですね。

急発進でも大丈夫(笑)。

ただ、完全に停車する前からエンジンが停止するのはエコだからいいとして、ちょっとでもブレーキを緩めると再始動しちゃう😅。

誰もがそうだと思いますが、クルマが完全に停止する瞬間に、停車ショックを抑えるためにブレーキを少しだけ緩めませんか? 

それをやると、止まってたエンジンが再始動して、結局停車中ずっとアイドリング状態となり、アイドリングストップ機能の意味無し(苦笑)。

停車中に任意でアイドリングストップ機能を作動させられませんかねぇ。

 

レーダーブレーキサポートが搭載されてるけど、ちゃんと作動するのかな?(笑)

肝心なときに作動しないのでは価値がないから、試してみたいんですよ。

あ、どこかのバカディーラーみたいに、公道で一般のクルマを相手に試すほどアホではありませんよ、私😁。

点検時にレーダーブレーキサポートもチェックしてくれているのかなぁ?

 

CVTのクルマは、かつて代車で乗ったことがある程度で、ほぼ初体験です。

その代車はトルコンではなく遠心クラッチだったような…(クルマで遠心クラッチなんて、私の記憶違いですかね???😅)。

だから発進が唐突だったのですが、このクルマはトルコン。

発進もスムーズです。

ですが、せっかくのCVTなのにATのような変速ショックがある!!(苦笑)

副変速機の変速時にショックが発生するんじゃないかなぁ、と自分では思ってます。

ま、微妙なショックなので、これくらいはいいですけど😅。

あと、停車の際に、停止位置を目指して惰性で進んでいると、停車間際に強烈なエンブレがかかって、思ってたところまで進めません。

トルコンなのでクリープは発生するのですがね…😅。

クルマ屋さんに訊くと、停車間際の強いエンブレはCVT車の特性みたいですね。

それじゃぁ、しょうがないや😅。

 

細かな点では、運転席のシートヒーターもお初(笑)。

このクルマ、冬場のエアコンの効き始めが異様に遅いので、すぐに温まるシートヒーターはすごく重宝しました。

寒がりですしね、私😅。

 

カーナビのスマホとの連携機能も初めて。

おっさんにはまだ使いこなせてません(笑)。

 

燃費はミラには劣るかもしれませんが、それ以外の性能は全てにおいて上回るスペーシア・カスタム(自分比😁)。

特に軽としてのひろびろ感は、長距離ドライブもさほど苦にならないほど。

でも、スポーツカーの窮屈感・閉塞感も捨てがたいんですよね(爆)。